60代男性Aさん

ここでは60代の男性がインプラント治療を受けた際のことをご紹介します。

インプラントにしたいと思ったきっかけ

脳出血で倒れてから麻痺が残り、きちんと歯のケアができていなかったせいか、歯槽膿漏が進んで、歯が全体的にガタガタになりました。
60代男性Aさん特に両奥歯はどうしようもなく、ブリッジにして部分入れ歯にするかインプラントにするかどちらかの選択を迫られて…。インプラントは半永久的な人工歯を植え込む、ブリッジは残った歯に負担がかかり、その歯もダメになってしまう恐れがあると説明を受け、多少費用はかかりましたが思い切ってインプラントを選択しました。

人工歯根を植え込むと聞いて、ちょっと怖いと思いましたが、もともとお世話になっていた先生だったので、安心して任せられたというのも大きかったですね。

どんな治療をしたの?

私の場合、脳出血の病歴があったのでインプラント治療が可能かどうか心配でしたが、内科の主治医と歯科の主治医と相談しもらい、大丈夫だろうということで治療を進めていくことにしました。

ガタガタになってしまった両奥歯を抜歯し、顎の骨に人工歯根を植え付け、そこの人工の歯を取り付けました。
静脈鎮静法でやってもらったため、頭がぼやっとしたかなと感じましたが、局部麻酔を併用したこともあり、私の場合は手術中に痛みはあまり感じませんでした。2~3日は多少腫れましたがその後の経過も順調にいきました。

インプラント治療後

自分の歯と変わらないくらい違和感なく噛めると聞いていましたが、本当にそうだったので感動しました。、私にはインプラント治療は合っていたのかなと思います。
食べることが大好きなので、おいしいものを食べることが大好きなので、インプラントにしてよかったです!

また、定期的にメンテナンスに通っていますが、インプラントをした箇所だけでなく、ほかの歯もきちんと見てもらえるので、健康な歯を健康なまま維持するということにおいても良かったなと思っています。

 
厳選!虎ノ門にあるインプラント治療を行っている歯医者さん一覧